私が学ばないことに臆病な理由。

この記事は5分で読めます

03bdacb6

 

 

こんにちは。

hiroakiです。

 

 

前回、損切りができない本質的な原因は

「メンタルの弱さ」ではなく、「エントリーした根拠の不明確さ」

にあるという考えをお伝えさせていただきましたが、

 

( →  損切りができないのは、「メンタルが弱いから」ではない。 )

 

 

実は、「学習のモチベーションが続かない」

という問題についても同様のことが言えて、

根本的な原因は、集中力やメンタルの弱さではないと思います。

 

 

 

今は昔、私にもそういう時期があったのでわかりますが、

おそらくまだ、トレーディングを習得することにどれだけの意義があるのか

そして、そのことが自分の人生にどれほどの影響を及ぼすか

本当には見出せていない可能性が高いです。

 

もし、その意義を深く多角的に理解できていれば、

ほっといても学ばずにはいられなくなると思います。

 

たとえ私が、「お金を払うからやめてくれ!」とせがんでも、

脇目も振らず貪欲に学び続けると思います。

 

驚くべきことに、このコミュニティには

そんなメンバーが大勢います。笑

 

 

あなたがもし、トレーディングを学ぶ意欲や

モチベーションが上がらないと感じているなら、

もう一度、よく自分自身と向き合ってみて下さい。

 

ひょっとするとまだ学習する時期ではないか、

あるいは、あなたにとって本当はする必要がないことだったと気づくかもしれません。

 

 

 

 

「禅」の言葉に、 啐啄同時(そったくどうじ)というのがあります。

 

雛鳥(ひなどり)が殻を破ってまさに生まれ出ようとする時、

卵の殻を内側からコツコツとつつくことを「啐」といい、

ちょうどその時、親鳥が外から殻をコツコツとつつくのを「啄」といいます。

 

雛鳥が内側からつつく「啐」と親鳥が外側からつつく「啄」の

タイミングが揃ってはじめて、殻が破れて中から雛鳥が出てくるのです。

 

 

[1]050_37551_3

 

 

このように、両方が一致して雛が生まれる

「機を得て両者相応じる得難い好機」のことを「啐啄同時」といい、

師の教えを授けるタイミングと、弟子の受け入れる姿勢の両方が、

絶妙に揃ってはじめて悟りに至るさまに重ねられます。

 

親鳥の啄が一瞬でもあやまると、中の雛鳥の命があぶない、

早くてもいけない、遅くてもいけない、

まことに大事なそれだけに危険な一瞬であり啐啄は同時でなくてはなりません。

 

これは、すべての教育に当てはまる重要な考え方だと思いませんか?

 

 

 

トレーディングの学習についても全く同じことが言えて、

教える側がいくら頑張っても、学ぶ側に学ぶ姿勢が整っていなければ

決して習得には至りません。

 

 

だから、もし親友が「トレーディングを学びたいから教えてくれ」

と頼ってくれたら、私なら誠意を持ってこう言います。

 

「もちろんOK。 ただし、条件がある。

わからない言葉を調べながら、マーケットの魔術師を精読してほしい。

読み終えて、それでもなお学びたいと思えるなら全力で教えるよ。」

 

 

 

業界の扇動マーケティングや、ネット上の誇大広告の影響もあいまって、

間違った認識が知らず知らずのうちに刷り込まれているため、

 

少なくともマーケットの魔術師くらいは読破しなければ、

「トレーディングで勝ち続けるということがどういうことなのか」

について、実存を帯びたレベルでは理解できないからです。

 

長い年月と多大な労力をかけてはしごを駆け上がった結果、そのはしごが、

自分の望んでいたところとは全く違うところにかかっていたことに気づく。

 

教える側にとっても、教わる側にとっても、これほどの徒労はありません。

 

 

マーケットの魔術師を丁寧に精読すると、トレーダーはたいてい、

1.もっと成功を収めるようになる。

2.実は最初はトレーダーになりたいわけではなかった。

ことに気づきます。

 

いずれにせよ人生をより良いものにしてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

そしてもう1つ、より重要な視点として、

「学ぶ意欲を高める最も有効な方法は、学ぶことである。」

という構造を忘れてはいけません。

 

実をいうと、私が学び続ける最大の理由はここにあります。

 

 

私が、学ぶ理由。

つまり、レオン・バッティスタ・アルベルティの「家族論」から、

デーヴ・グロスマンの「戦争における人殺しの心理学」まで読み漁り、

どれだけ勝てるようになっても、尊敬するトレーダーを見つけ出して

高額の直接コンサルを申し込み続ける最も重要な理由は、

 

「自分がいかに無知であるかという意識を持ち続けるため」です。

 

つまり、端的に言うと

「自分がバカであることを忘れないようにするため」ということです。

 

 

かつて、アインシュタインが、

 

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づく、

気づけば気づくほどまた学びたくなる。」

 

と言ったように、自分が何も知らないという事実に気づくのは学ぶからであって、

学ばなければ、知らないという状況に気づくことさえできないのです。

 

なぜなら、人間は比較することでしか認識ができないので、

知らないという感覚は、知っているという感覚があって

はじめて認知できるものだからです。

 

 

 

ですから、

不勉強な人がますます不勉強になり、

賢い人がますます賢くなることや、

 

貧しい人がますます貧しくなり、

富める者がますます裕福になることは、

 

それほど不思議なことでもないのです。

 

 

自分の場合、この恐ろしい構造に気づいて以来、

学び続けることで意図的に正の循環を創り出すように意識しています。

 

 

 

 

「人生、自分自身、我々を取り巻く世界について

どれだけ理解していないかに気づいた時に、

我々一人一人に英知が宿る。」

               ソクラテス

 

2014-07-29 11-44-25 02

 

 

 

 

 

 

~追伸~ 

 

 

美しいフォントは快適なWEB学習に大きく貢献します。

Windowsはとにかくフォントが汚くて読みづらい。

 

本当はMacが大好きなのに、メタトレーダーを使うために

仕方なくWindowsを使っているあなたに朗報です。

 

優秀なメンバーの方が、

WEB上のフォントを綺麗なメイリオで表示させる

Chromeのアドオンを紹介してくれたのでシェアさせていただきます。

→  http://goo.gl/3HHD8l

 

上記URLのリンクに飛んで、

「+無料」のボタンをクリックすれば即時追加されます。

 

 

一度設定してしまえば、ニュースもブログもメルマガも

ブラウザ上で閲覧するあらゆるフォントが美しくなります。

集合知って素晴らしいですね~。

 

この他にも便利なアドオンが数多く存在していますので、

ブラウザはGoogle Chromeにされることをオススメします。

 

 

それでは、衝撃の変化をご堪能下さい。

コンタクトレンズを初めてはめたときくらい世界が違って見えますよ。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

hiroaki

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 014
  2. l_024
  3. 20090625033340c92
  4. 通貨レートの変動
  5. l_093
  6. IMG_2582
    • mitsuru
    • 2014年 9月19日 10:31

    おはようございます。

    今日も素晴らしい内容の記事をありがとうございます。
    大変興味深い内容でした。

    『モチベーション維持』については、何度も考えてきました。
    hiroakiさんの仰った、『学ぶことが学ぶ欲を引き起こす』という理論には激しく共感します。

    もう一つ、僕が意識していることがあります。(テクニック的なことになりますが・・・)
    それは目で見える形での管理です。

    去年から投資の勉強を進める中で、『複利』の構造を知って以来、
    『昨日より、今日は1%でも質を高めること』をテーマに考えてきました。

    言葉にするだけでは意味を成さないので、自分の生活あらゆるものを明確化するようにしました。
    資金管理、時間管理、健康管理、あらゆるセルフマネジメントをExcelで管理し、
    月初と月末には、『今月の目標』と、『先月の反省』のレポートを数枚、必ず書くようにしています。
    そうすることで、自分が何に時間を使い、何にお金を使い、どんな学びをどれだけ得たのか?理解できるようになり、
    『先月の学び』を僕は100%人に説明できるようになりました。笑

    人間は質的に、『慣れる』生き物なんだと実感しています。
    この性質を益にするのか、害にするのかで、全てが変わると思います。
    眠いときに、何時間も寝ても、さらに眠くなるように、
    欲に流されそうなときに、その方向に行動すれば、より負荷がかかることになります。

    これを常に意識しています。
    この方法を身につけてから、身体的・精神的に前日よりも少しずつ、研ぎ澄まされている自分を楽しんでします。

    まだまだ、人生を豊かにするための教養を身につける時間を中々割けておりませんが、
    様々な場所に足を運び、いろんな経験をつみ、多くの書籍を読み、人間的に成長し続けたいと思っています。

    いつも勉強になるコンテンツをありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

それぞれ1回ずつClick のご協力お願いします!

管理人 : hiroaki (意識の高いFXニート)

l_099

『 複数の時間足それぞれの分析判断を
どのように統合していくか 』

ここに最大の重点を置いて解説していきます。

こんなマニアックでピンポイントな
テーマのブログにたどり着いたのなら、
あなたはもうお気づきでしょう。

トレードについて一通り体系的な知識を学んだら、あとは実際のチャートでマルチタイムフレーム分析のケーススタディをどれだけ積むかがすべてです。

なぜなら、複数時間足の組み合わせは1つとして同じものはなく、表面的な丸暗記は全く意味をなさないからです。

膨大な経験を通して、根底に流れている本質、構造的な原理を理解しない限り、本物の裁量トレードは決して体得できません。

『波形』『ダウ理論』『サポートレジスタンス』『ローソク足形状』を複数の時間足で観察し、

それらを統合的に分析することによってのみ、
優位性の高いトレード判断が可能となります。

目指すべきは、
”シンプル” なのに ”厳密” で ”丁寧” なトレード。

答えは現場にしかありません。

どこまでも美しく、深く広大な相場の宇宙を
一緒に探求していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る