テクニカル分析が機能する構造 と 短期の値動きがある程度まで予測できる理由。

この記事は4分で読めます

014

 

長期的なバリュー投資をするなら話は違ってきますが、

少なくとも短期売買的なトレードをするにあたっては、

 

個人投資家である私たちが、

ファンダメンタルズ分析で勝負しようとするのは、

情報力の面で機関投資家より明らかに不利なので、

私はおすすめしません。

 

その点、テクニカル分析に必要なのは値動きのチャート、つまり価額データだけです。

インターネットが発達した現代において価額データは、

ほぼリアルタイムで受け取れるので、こちらの条件は機関投資家とほぼ対等です。

 

まあ、情報格差の問題を引き合いに出すまでもなく

そもそも論として、ファンダメンタルズって切りがないですよね。

大きいものから小さいものまで

直接的な要因から間接的な要因まで

膨大な要素が複雑な形で相互に影響し合っているので、

すべてを把握することは事実上不可能です。

 

そして、テクニカル分析をより重視すべきもう一つの視点として、

背後にどんな事情があろうと、値動きを決定する直接的な要因は需給の変化だということです。

 

例えば、

決算が悪いことは株価が下がることの直接的な要因ではありません。

それは百歩譲って数ある間接的な要因の一つに過ぎないのです。

 

単純化した誘発経路だけを考えても

決算が悪い→株価が下がりそうだと市場参加者が思う→彼らが株を売る→株価が下がる

のようなプロセスが段階的におこっているはずです。

 

つまり、

決算が良かろうと悪かろうと

世界経済の状況がどうであろうと

 

究極的な構造として、

価格を押し上げるのは、売りを上回る買いの力であり、

価格を引き下げるのは、買いを上回る売りの力だということです。

 

テクニカル分析とは、簡単に言うと

「需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる」

という上記の前提に立った上で、

値動きの軌跡であるチャートから、需給のバランスに偏りが生まれるポイントを見極める分析法のことです。

 

 

次の問題ですが、

値動きと需給の間に直接的な因果関係があるとして

 

なぜ、値動きの軌跡から過去と現在の需給の変化がわかれば、

それを使って将来の値動きまで予想できてしまうのでしょうか?

 

それが可能になるためには、

他の市場参加者が、値動きの軌跡から将来の値動きを予想するやり方を

推定できなければなりません。

他人の思考プロセスを予測することなど本当に可能なのでしょうか?

 

普段ほとんど意識しませんが、

モニターの向こう側には

取引相手として必ず生身の人間がいます。

 

取引参加者たった1人の行動すら予想できないのに、

いったいなぜ、膨大な参加者の意思の総意である

今後の値動きを予想し得るのか?

 

あまり考えたことがないかもしれませんが、

これは相場の本質に関わる極めて不思議な命題です。

 

個々の要素すら不確定なのに、

その集まりである全体の動きをなぜ推測できるのでしょうか?

 

それが、、、

できるのです。

 

ここには大数の法則を利用しています。

 

その仕組みは保険ビジネスに非常によく似ています。

例えば、ある65歳の男性がいたとする。

彼が1年後に生きている確率は全くわからない。

しかし、65歳の男性を10万人集めれば、

1年後に何人生存しているかはほぼ完璧に推定できる。

 

つまり、ある1人の市場参加者の意思決定を予想するより、

その個人の膨大な集合の総意を把握することの方が簡単である。

という、一見すると摩訶不思議な事実が、実際に存在するわけです。

 

特定の人間1人の行動は予測できないが、群集心理には法則性があるということです。

 

「個人としての人間は天才である。 

しかし、集団としての人間は刺激されるがままに進む、巨大で、野蛮な首のない怪物となる。」

                            チャールズ・チャップリン

 

面白いと思いませんか?

 

 

 

 

「男は天下を動かし、女はその男を動かす。」

と言ったのは山本五十六ですが、

 

「ローソク足はインディケーターを動かし、群衆心理がそのローソク足を動かす。」

というのもまた事実なのです。

 

”相場の本質” とは、決して 「ローソク足そのもの」 ではなく、

その背後にいる生身の人間です。

 

 

人間を学ぶことに、

特に、「集団としての人間のふるまい」を学ぶことに全力を尽くして下さい。

 

 

私が読んでみて特にためになったのは、以下の4冊でした。

 

 

◆狂気とバブル

◆群衆心理 (講談社学術文庫)

◆大衆の反逆 (ちくま学芸文庫)

◆新訂 孫子 (岩波文庫)

 

 

 

もちろん他にも良い本はたくさんあったのですが、

より本質的だったのをあえて選ぶならこのあたりです。

 

歴史の検証を経て、高い普遍性が証明されたものばかりですね。

よろしければご参考下さい。

 

 

ヘビーなものも含まれているので

すぐにとはいかないかもしれませんが、

少しずつ挑戦していきましょう。

 

 

これら4冊とマーケットの魔術師シリーズを読み込めば、

大まかな方向性として間違うことはまずなくなります。

 

その磐石な土台、本質的な理解の上に

具体的なエッジを積み重ねていけば

トレーディング技術が飛躍的に向上すること請け合いです。

 

 

本当の意味での近道や裏道は存在しませんが、

回り道を前提にした最短経路は存在します。

 

 

最初から、「うまくいくしかない努力の基準」を選択しませんか?

 

 

一緒に精進していきましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

hiroaki

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. l_024
  2. l_093
  3. 03bdacb6
  4. 20090625033340c92
  5. 通貨レートの変動
  6. 柔毛
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

それぞれ1回ずつClick のご協力お願いします!

管理人 : hiroaki (意識の高いFXニート)

l_099

『 複数の時間足それぞれの分析判断を
どのように統合していくか 』

ここに最大の重点を置いて解説していきます。

こんなマニアックでピンポイントな
テーマのブログにたどり着いたのなら、
あなたはもうお気づきでしょう。

トレードについて一通り体系的な知識を学んだら、あとは実際のチャートでマルチタイムフレーム分析のケーススタディをどれだけ積むかがすべてです。

なぜなら、複数時間足の組み合わせは1つとして同じものはなく、表面的な丸暗記は全く意味をなさないからです。

膨大な経験を通して、根底に流れている本質、構造的な原理を理解しない限り、本物の裁量トレードは決して体得できません。

『波形』『ダウ理論』『サポートレジスタンス』『ローソク足形状』を複数の時間足で観察し、

それらを統合的に分析することによってのみ、
優位性の高いトレード判断が可能となります。

目指すべきは、
”シンプル” なのに ”厳密” で ”丁寧” なトレード。

答えは現場にしかありません。

どこまでも美しく、深く広大な相場の宇宙を
一緒に探求していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る